耐食鋼・耐熱鋼加工.comによくある質問

Q – よくあるご質問

ニッケル合金の溶接の品質は大丈夫ですか?

A – 耐食鋼・耐熱鋼加工.comからの回答

耐食鋼・耐熱鋼加工.comを運営している都ステンレス工業株式会社では溶接後、物を破損させることなくニッケル合金の欠陥や劣化を検査できる非破壊検査で製品の状態を検査しています。

都ステンレスで行っているニッケル合金の検査の一つにRT(放射線透過試験)があります。RTによってニッケル合金の溶接部を観察するとブローホールなどの欠陥がよく分かります。表面上からは確認できない内部構造の不良を発見することができます。

他にも都ステンレスではニッケル合金の検査にPT(浸透探傷検査)を行っております。PTでは蛍光色を発する浸透液をニッケル合金の表面上に塗布することで視覚的に傷を発見しやすくします。これによって、通常見逃してしまいがちな表面についた小さな傷も発見できるようになります。

都ステンレスでは必要に応じてRTによってニッケル合金の内部、PTによってニッケル合金の外部の欠陥を網羅的に調査することによって、品質の向上に努めております。その甲斐あって、都ステンレスではニッケル合金の溶接を始めて半世紀もの間、様々な業種の企業様からご依頼を承っております。各種化学プラントや熱処理設備において都ステンレスの製品をお使いいただいており、ニッケル合金の溶接において高い信頼を得ています。

ニッケル合金の溶接に関して、ご不明な点がございましたら耐食鋼・耐熱鋼加工.comにお問い合わせください。