ニッケル合金の腐食対策:溶接部のHAZ部を把握し対策する

Before

ハステロイなどの耐蝕合金と呼ばれるニッケル合金はなかなか腐食しないので、イニシャルコストが掛かりますが長寿命化が図れメンテナンスコストも抑えることができ、トータルとしてコストメリットが出ます。
しかし、そんな夢のような腐食しない高機能材料であっても、使用される環境によっては腐食することがまれにあります。それは上図のように溶接部近傍で起こる腐食です。

コストダウン事例

After

ニッケル合金の溶接部が腐食を起こす原因は溶接時の熱影響によるものなので、どのような溶接条件の時にどのような熱影響部が発生するのか?を溶接施工法試験でマクロ・ミクロ組織を観察するなどして記録する方法があります。この方法を採用し、溶接条件ごとに比較することでHAZ部(熱影響部)での腐食予防対策に役立てることが可能です。なお、応力腐食割れが起きてしまった場合は、熱処理やピーニングが効果的な場合があります。

POINT

ニッケル合金は過酷な腐食環境で用いられることから、耐食性の効果への期待も相当高くなります。このため、一番の懸念の対象となる溶接熱影響部の実態を事前によく把握しておく必要があります。ニッケル合金の腐食については高度な冶金学の知識と溶接施工の経験が必要ですので、こうした部分もしっかりと把握した上で対策をおこないたい場合は、耐食鋼・耐熱鋼加工.comを運営する都ステンレス工業まで、まずはお問合せください。材料メーカーなど専門家の判断を仰ぎながら、最適な構造をご提案させて頂きます。