溶接入熱量をコントロールし溶接部の品質を確保する

Before

ハステロイなどのニッケル合金は炭素鋼などの一般材に比べると大変高価ですが、高強度による製品の軽量化と、高い耐食性による長寿命化/メンテナンスコストの削減が期待できるので、化学・薬品などのプラント機器にはニッケル合金による製品が多く採用されます。
しかしその耐食性の高さは「母材」については何ら問題ありませんが、大事なのは「溶接部」です。ステンレスなどの素材に比較するとニッケル合金の溶接はとても難易度が高く、例えば溶接時に過大な入熱を与えると、歪みや材質の劣化を生じてしまい、せっかくの特性を発揮できなくなってしまいます。

コストダウン事例

After

ニッケル合金の溶接部の信頼性を向上させるためには、過大な入熱を発生しない溶接方法を確立する必要があります。そのために、溶接施工法試験を行い、電流や電圧、速度などの最適条件を定めます。
そして、上式で求められる溶接入熱量を基に、本施工のための溶接施工要領書を作成します。これらはセットで「WPS&PQR」と呼ばれ、規格などで内容や手順が規定されています。

POINT

ニッケル合金は高い強度と優れた耐食性が特長ですが、高価ですので、せっかくの性能を損なわないような準備が必要です。溶接施工法試験を行い、その結果をよく確認して本施工に備えましょう。また、その結果もきちんと記録して次回の施工の参考にしましょう。

これらの貴重な経験値は溶接機等の設備や溶接士の技量にも関わる為、その多くが会社毎に非公開とされているのが実情です。ハステロイなどのニッケル合金の特製を十分に発揮させる為には経験豊富な都ステンレス工業にお任せください!