JIS規格のニッケル合金

 複数のニッケル合金がJIS規格化されています。

ハステロイ以外のニッケル合金

 板:JIS G 4902「耐食耐熱超合金,ニッケル及びニッケル合金− 板及び帯」
(旧規格JIS H4551「 ニッケル及びニッケル合金板及び条」は2019年に廃止

 丸棒:JIS H4553「ニッケル及びニッケル合金棒」

*なお、継目無管は、純ニッケルとモネルのみかつて規格化されていましたJIS H4552)2017年に廃止されています。

 合金名ごとに複数の番手がありますので、下記の材料記号を指定して購入することになります。

JIS INCO

 JISの材料記号には変遷があり、純ニッケルやモネルはかつて「NNC」「NLC」「NCu」などと、インコネルは「NCF」の「1種」「2種」などと呼ばれていました。

ハステロイ

ハステロイ合金も前項のJISにいくつかが規格化されています。前項と同様に複数の材種がありますので、材料記号を指定して購入することになります。

JIS Has

 なお、注意すべき点は下記の2つです。

1. 溶接施工法の母材に用いる場合、母材区分の記載が必要となりますが、これを定めるJISB8265「圧力容器の構造」にはハステロイの区分が設けられていません。このため、ステンレス鋼などと異なり、材種が異なる度に溶接施工法を確認する必要があります。
 ただし、ASME Sec.IX(溶接施工法など)では上記以外のハステロイも含めた多くのニッケル合金がP.No.43~45に区分されており、ASME準拠の溶接施工法とするのが望ましいと言えます。

2. 備考欄に示した通り、ハステロイの生みの親であるHaynes社が既に生産を終了しているものがあります。その後、複数のメーカーで生産は続けられていますが、どのメーカー品にするかはよく吟味する必要があります。

 その他、同等材などについては下記をご参照ください。

耐食鋼・耐熱鋼 相当品一覧表