ハステロイを溶接する際には小さなビードにする

Before

ハステロイなどの高機能材料をTIG溶接する際に、大きな電流でゆっくりと大きなビードで溶接を行うと、溶接層数が少なくなり作業工数が減るため、作業時間が短くなります。しかし、入熱が大きくなるため、材料の性質が変化して本来の耐食性能を低下させることになります。

コストダウン事例

After

ハステロイなどの高機能材料をTIG溶接する際に、本来の耐食性能を発揮させるためには適正な電流とスピードで溶接する必要があります。厚板を溶接する際には、小さなビードで多層溶接をすることで入熱を少なくすることが可能となるため、過入熱による性能低下を回避することができ、品質向上になります。

POINT

ハステロイを始めとする耐食材の溶接を行う際に、入熱温度が高い場合、材料の成分が変化してしまうため、耐食性の低下を招きます。そのため、ハステロイなどの耐食材を溶接する際には、適温で入熱を行うことで材料本来の性能を発揮させることができます。それにより高い品質を保つことが可能となります。