溶接加工後のPT検査には水洗性の浸透液を使う

Before

特殊鋼やチタンなどの溶接部や折り曲げ部などにおける欠陥を検出する際に、スプレー式の溶剤除去の浸透液を使用すると、浸透液のふき取りや洗浄に専用の洗浄液が必要となります。専用の洗浄液を別途調達する必要が出てくるので、コストアップの要因となります。

コストダウン事例

After

特殊鋼やチタンなどの溶接部や折り曲げ部などにおける欠陥を検出する際に、水洗性の浸透液を使用することによって、濡れた布でふき取るか、弱い水流で洗い流すだけで除去することができ、専用液は必要ありません。そのため、作業性は向上し、コストダウンにもなります。

POINT

水洗性の浸透液を使用する際には、刷毛を使用して塗るようにすると、浸透液が余分に飛び散ることがないため、浸透液を過剰に使用することを防ぐことができます。浸透液を過剰に使用してしまうと、除去作業にも不要に工数が必要になってしまいます。