メンテナンスの容易さを考慮してニッケル合金に材質変更

Before

耐食鋼であるチタンは耐食性は優れていますが、ハステロイなどのニッケル合金のような他の耐食鋼に比べて溶接時のガスシールドが難しいとされています。そのため、メンテナンスにてチタンの溶接補修を行う際には、他の耐食鋼に比べてメンテナンスに手間がかかります。

コストダウン事例

After

チタンからハステロイなどのニッケル合金に変更することでメンテナンスコストダウンを行うことが可能となります。耐食性を加味し、使用環境下でもハステロイなどのニッケル合金を使用することで、メンテナンスでの溶接補修作業を簡易化し、メンテナンスコストを抑えることができます。使用期間の長い製品を製造する場合、製造コストだけでなく、メンテナンスコストも考慮することが必要となります。

POINT

材料選定を行う際には、短期的にコストダウンになるか、加工しやすいかだけではなく、メンテナンス・補修・修理といった中長期的な項目についてもトータルコストとして加味することがポイントです。特に、材料単価の高い特殊鋼(耐食鋼、耐熱鋼)を取り扱う場合、イニシャルコストだけでなく、ランニングコストの考慮が有効です。