溶接前に逆曲げを行うことで歪み取りの工数削減を行う

Before

へインズアロイ230やヘインズアロイ214、モネルなどの硬度の高い高機能材、特殊鋼を溶接する場合、溶接による歪みが発生した後の歪み取り作業に多大な時間が必要となり、大幅にコストアップとなる場合があります。

コストダウン事例

After

へインズアロイ230やヘインズアロイ214などの硬度の高い高機能材料を溶接する場合、変形が見込まれる箇所にワークの片面だけに火を入れて溶接する「逆歪み法」あるいは「予歪み法」を行うことで歪み取りの工数が削減できます。余分な歪み取り作業が不要になるので、製作コストダウンを行うことが可能になります。

POINT

溶接を行うと歪みが発生してしまうため、歪み取り工程が困難な場合には溶接歪みが出る部分を事前に逆方向に曲げておくことが、ポイントとなります。上記のようヘインズアロイなどの高単価な材料を使用し、失敗できない場合には、逆歪み法を活用することが効果的です。