炉芯管母材はレーザーで切断して平行度を確保する

Before

インコネルなどの耐熱合金で炉心管や大型異形角パイプなどを製作する場合、母材をシャーリング切断する際の対角度や寸法誤差が製品の出来上がり寸法に大きく影響します。厚くて長尺の板を大型シャーリングで手作業にて切断した際に、正確な平行度と対角寸法が出ない場合があります。この為、折曲げ加工後の継手食い違いや捻じれなどで品質が低下します。

コストダウン事例

After

インコネルなどの耐熱鋼で炉心管や大型異形角パイプなどを製作する場合、母材の外周をレーザー加工する事で高い品質を保持できます。レーザー加工では、母材の正確な平行度と対角寸法を出す事が出来る為、折り曲げ後の後工程が短縮され、仕上がり品質も大きく向上します。

POINT

材料を切断する際には、その材料の厚みによって切断方法を選定することがポイントです。切断方法にはバンドソーやシャーリング、プラズマ加工機などがあります。厚みがあり、かつ硬度の高い特殊鋼を切断する場合、シャーリングではなくレーザー加工機によって切断することによって、高精度に切断することができます。