直線をシャーリングで、曲線・中抜きはレーザーで切断する

Before

チタンなどの高機能材料を切断すると、切断面付近には酸化部が発生してしまいます。そのため、切断後に溶接欠陥防止のために、切断面を全てグラインダーや機械で仕上げ加工を行って除去しなければなりません。仕上げ加工が必要になるので、納期も大幅に長くなり、余分な加工コストも必要となります。

コストダウン事例

After

チタンなどの高機能材料を切断する際は、直線はシャーリングで加工を使用し、中抜き部や曲線のみレーザー加工をすることで切断面付近に発生する酸化部を最小限に抑えることができます。酸化部が抑えられるため、ロス材とグラインダーの除去量の低減につながり、材料費を抑え、さらに仕上げ加工も不要となるのでコストダウンが可能になります。

POINT

切断加工を行う際には、適切な切断加工方法を指定することによって、トータルコストの削減につながります。上記のように切断方法にシャーリングとレーザー加工を組み合わせることもコストダウンのための有効な手段の一つです。特に硬度の高い特殊鋼の加工を行う場合、加工工数を大きく下げることができるコストダウン方法となります。