大きな板材が確保できない場合は、繋いでから加工する

Before

ハステロイやインコネル、チタンなどの高機能材料は在庫量が少ない物も多く、必要な大きさの板材が確保できない事がよくあります。左図のような形状の大型製缶板金加工部品が必要となった際、ハステロイやインコネル、チタンなどの大きな一枚板をメーカー注文すると数カ月~半年以上と納期もかかってしまう場合もあります。

コストダウン事例

After

ハステロイやインコネル、チタンなどの高機能材料を使用する際は、分割した材料板を溶接加工で繋ぎ合わせてから製品に加工することで、短納期に製作することができます。左図の場合、確保可能な板を溶接で複数繋ぎ合わせることで、大きな板を注文する場合より短納期化を実現することが可能です。

POINT

上記のように、確保可能な板を継ぎ合わせることで、調達費のコストダウンや、短納期化を実現することができると同時に、板継ぎ後に折り曲げ加工やロール加工する事で板継ぎ箇所の歪みを矯正して仕上がりを良くする事ができます。また、板継ぎの際には、溶接線をクロスしないようにすることがポイントです。