市場に流通しているものを有効活用して脱特注化を行う

Before

ハステロイ、インコネルなどのニッケル合金やチタンなどの高機能材料、特殊鋼は市場に板材と丸棒程度しか流通していないものが多く、そのサイズも限定されています。規格外のサイズが必要となった場合、特注品を別途に製作する必要があるので、高コストとなり、さらに納期も長くかかります。

コストダウン事例

After

ハステロイ、インコネルなどの高ニッケル合金やチタンなどの高機能材料は、入手可能な素材から成型する事がコストダウンになります。製品のサイズが大きくて流通在庫の板や丸棒サイズから成型出来ない場合には近似サイズの丸棒を鍛造で変形する事により必要な寸法を確保して製作する事が可能になります。

POINT

ハステロイやインコネルなどの高機能材料・特殊鋼の場合、市場流通品の形状が丸棒と板材など形状・サイズが限られていることが多いです。そのため、可能であれば社内で、不可能であれば外注を活用して切削や圧造などを施し、流通している材料を塑性変形させて希望のサイズに仕上げることがコストダウンのためのポイントとなります。