ハステロイのパイプ・アングルなどは板材から製作する

Before

ハステロイやインコネルなどのニッケル合金やチタンなどの特殊鋼のパイプやアングル(山形鋼)、チャンネル(溝形鋼)が必要となった場合、ハステロイなどのニッケル合金やチタンは市場流通性に乏しいため、規格サイズ品が少なく、成形品を調達すると、高コスト、長納期となる場合があります。

コストダウン事例

After

ハステロイやインコネルなどのニッケル合金やチタンのような流通性の乏しい特殊鋼は、市場に流通している母材を加工することでコストダウン、短納期製作が可能になります。例えば、高機能材料であるハステロイのアングル(山形鋼)が必要となった場合、母材を購入し、その母材を曲げてアングル(山形鋼)を製造する方が、製造コストを抑えることができます。

POINT

ハステロイやインコネルなどの高機能材料・特殊鋼を取り扱う場合、市場に流通している母材の形状が限られていることがあります。その際に、成形品を調達すると、高コスト・長納期となる場合があります。そのため、可能な限り現在流通している母材を調達し、切削や鍛造を施して成形する方が製造コスト・納期ともに抑えることが可能となります。