ライニングよりも密着度の高いクラッド鋼を使う

Before

腐食性の強い液体を取り扱うタンクなどで、耐食対策としてステンレスの母材にチタンをライニング施工する場合、芯材であるチタンと被覆材であるステンレスとの間にはわずかではありますが隙間が発生します。真空環境で使用し続けると、次第にライニング材が浮いて剥がれてしまい、品質低下を招く場合があります。さらに、ライニング補修には大きな補修費用が必要になってしまいます。

コストダウン事例

After

ステンレスにチタンをライニング施工する場合、芯材と被覆材の密着度を高める為に圧接法で板同士を完全に密着接合するクラッド鋼を採用することで品質が向上します。クラッド鋼を使用することで全体が密着するため、ライニングと比較して剥がれにくくなり、品質向上になります。また、補修の頻度も激減するため、補修コストの低減にもつなげることが可能となります。

POINT

上記のようにクラッド鋼を使用すると、ライニングと比較してはがれにくくなり、メンテナンスコストの削減につながります。その他にも、電気炉を製作する際にクラッド鋼を使用することによって、芯材と被覆材のすき間がなくなるため、熱伝導の効率が上がります。そのため、クラッド鋼の持つ熱伝導の高さが省エネ対策ともなります。