耐食合金の溶接には上位鋼種を使用する

Before

高ニッケル耐食合金は耐食性に優れているため、腐食環境に使用されることが多くあります。しかし、ハステロイC-22の板材を同じハステロイC-22の溶接棒で溶接を行うと、溶接部は母材に比べて耐食性が少し低下してしまうので、左図のように溶接部のみ腐食してしまうことがあります。

コストダウン事例

After

ハステロイなどの耐食合金をTIG溶接する際には、溶接棒にMAT21など、より耐食性の強い材料を使用することで、腐食の進行を抑えることができます。また、溶接を行うと、溶接部が最も腐食しやすいですが、溶接材に1つ耐食性の高い材料を使用することで、溶接部の腐食進行を回避し、品質の向上を行うことができます。

POINT

一般的に、耐食材の溶接材料には、母材となる材料に近い成分のものを選定します。しかし、溶接部は母材部よりも耐食性が低下、劣化してしまう場合があります。そのため、耐食性が求められる場合、溶接材料には、母材より耐食性の高い素材を用いることによって、溶接部の腐食を防ぐことができ、長寿命化につながります。