溶接ビード部周辺の色取りはナイロン製スポンジを使う

Before

チタンやハステロイなどの耐食鋼に対して、溶接した際に生じる変色を落とすために、ワイヤーブラシを使用します。ワイヤーブラシを使用すると、ブラシに含まれる鉄分が製品表層に付着し、時間が経過した際に錆となって表れてくるので品質低下を招きます。

コストダウン事例

After

チタンやハステロイなどの耐食合金に対して、溶接後の変色を落とすためには、鉄を含まないナイロン製スポンジを使用することで、鉄分が製品表層に付着することを防ぐことが可能になります。時間が経過しても錆が発生することがなく、品質向上を行うことができます。

POINT

チタンやハステロイの溶接を行うと、溶接焼け(スケール)が発生します。形状が複雑で色取りにワイヤーブラシを使用した場合には、色取り作業後に更に酸洗を行うことで付着成分を溶解除去し、錆びの発生を抑えることができます。