ヘインズアロイは曲げ加工時Rを大きく取る

Before

へインズアロイ230やヘインズアロイ214などの耐熱鋼やチタンの板材を折り曲げ加工を行う際、材料が堅いため、Rが小さい場合には割れてしまうことがあります。その場合、補修作業が必要となるので、コストアップは避けられません。さらに、補修不可となり素材再調達となると、大幅なコストアップとなります。

コストダウン事例

After

へインズアロイ230やヘインズアロイ214などの耐熱鋼や、チタンのように材料費が高価、かつ堅くて割れやすい材料は、曲げ部分のRを大きく取ることによって、割れのリスクを抑えることができます。これにより補修や材料再調達を防ぐことができますし、割れも発生せず、高品質な製品を作ることが可能となります。

POINT

ヘインズアロイやチタンなどの硬度の高い特殊鋼を曲げる場合、材料の圧延方向に沿って曲げると、割れが発生しやすくなり、割れが発生した際には、補修作業や素材の再調達などコストアップは避けられません。そのため、曲げ線を材料の圧延方向と直交するように曲げられる板取りができると、割れの発生リスクを最小に抑える事ができます。