二相ステンレスは表面処理で耐食性を維持する

Before

二相ステンレスのような耐食材を用いてタンクなどの製品を製造した際、研磨や切削を行った部分は不導態膜が削り取られてしまうので、腐食しやすくなります。そのため、腐食の度にタンクのメンテナンスを行う必要があります。

コストダウン事例

After

二相ステンレスのような耐食材の加工を行う場合、最終仕上げの際に表面処理液を使用することで不導態膜が再生します。不導態膜が再生することにより、低下した耐食性能を元に戻し、本来の性能を発揮できるようになるため、製品の腐食によるメンテナンスコストの削減、および品質向上になります。

POINT

ステンレス(SUS)に含まれているクロムが大気中の酸素と結びついて表層につくる薄く緻密な膜のことを不動態膜と呼びます。この不導態膜があることによって、耐食性を保持することができます。しかし、機械加工や溶接などの処理において破壊されてしまうため、仕上げ加工時に表面処理を施すことによって、不動態膜を再生することができます。