板材への多数の穴あけ中心部から外周部に向かって行う

Before

ハステロイやチタン、インコネルなどの板材に端から一方向にレーザーで穴あけ加工を多数行うと、熱による小さな歪みを発生させながら加工が行われることになります。小さな歪みが累積して、最終的には大きな寸法のずれが生じ、品質が大きく低下してしまいます。

コストダウン事例

After

ハステロイやチタン、インコネルなどの板材に多数の穴あけを行う場合、中心部から外周部に向かって順に穴あけを行うことで品質向上になります。中心部から外周部に向かって順に穴あけを行うことで、熱の力で収縮したとしても各穴に均等に引っ張り力が働くので、全体の歪みの発生を抑えることができます。そのため、高品質な製品を製造することが可能となります。

POINT

レーザー加工機で穴あけ加工を行う際、プログラミングを自動設定にすると端から順番に穴あけを行うプログラムになるため、歪みが発生しやすくなります。対してワークの中心から穴をあけるプログラムを設定すると、穴の歪みの力を逃がすことができるので、後工程の歪み取りの作業を最小限に抑えることができます。